第2・5回しゃでオフレポ

0 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビエラベテ主催の第2・5回しゃでオフに参加して参りました。
1世代前のGSルールということでこれは参加するしかなかった、


■使用パーティ
ディアルガ
流星群/時の咆哮/大文字/雷@拘りメガネ
ルンパッパ
猫だまし/守る/草結び/宿り木の種@食べ残し
カイオーガ
潮吹き/濁流/雷/冷凍ビーム@拘りスカーフ
ヌケニン
守る/日本晴れ/シザークロス/かげうち@気合の襷


ヌケニンを使いたくてこいつから構築が始まりました。
GSルールでは一番人気のカイオーガを筆頭に完封できる相手がすごく多く
さらに見せ合い無しなので対策もされにくいといった最強クラスの地雷性能を持っています。
ヌケニンの障害を序盤で倒して詰ませるか、カイオーガの障害を倒して潮吹きで一掃が基本的な勝ち筋になります。


>ディアルガ
ヌケニンの苦手なギラティナ、ディアルガを倒すために拘りメガネでの採用。
タイプが優秀で大体の攻撃を1発は耐えてくれるので腐ることがほぼありません。
カイオーガが苦手なルンパッパを倒すことも役割に入っています。ヌケニンとの縦の相性も良好。
初手でルンパの猫だましと一緒にうまくアドバンテージを取りに行きます。
配分はドクロッグが厳しめなので臆病CS
時の咆哮は相手のディアルガを確実に仕留めれるよう当日入れてみましたが、隣のドーブルのこの指考慮したら撃てませんでした…


>ルンパッパ
猫だましが使える、後ろのカイオーガとシナジーがある、耐久が高いので採用。
このパーティはすぐ数的不利になってしまってヌケニンを早々に引きずり出されると弱いので、耐久高い猫だまし持ちのルンパッパを採用しました。
配分は雨でスカーフオーガ抜きあと耐久。S118の当時のテンプレです。

>カイオーガ
ヌケニンの補助をするあめふらしと対ホウオウ性能で採用。
カイオーガの型では一番汎用性がずば抜けていると思っているスカーフ型にしていますが
雨を降らすのが最大の仕事なので面倒なポケモンにワンチャンあるよう耐久振って絶対零度でもいいかもしれません。
配分は控えめCS

>ヌケニン
GSの相棒になりつつあるポケモン
このルールで最強のカイオーガを完封できる特性を持っています。
他にもパルキア、メタグロス、ルンパッパ(宿り木されるターンにシザクロで落とす)、ユキノオードクロッグ(晴れ)、バンギラスも襷を盾に天候を取っていれば勝てることが多いです。

扱いが難しそうに見えますが、ヌケニンの障害となるポケモンを倒せば勝ちなので
勝ち筋がわかりやすく作業することができ、さらに相手はヌケニンを見るまでこちらの勝ち筋に気付きにくいので
普通に4体倒すより非常に勝つのが簡単なポケモンです。
序盤で見せてしまうと相手のバンギノオー交代等色々警戒するものが増えてきますが、場合によっては序盤でも出していって1ターン稼いで打開するプレイングもしていきます。
技はテンプレ。日本晴れは天候ダメージから身を守る他ドクロッグを倒すのに外せない技です。


HGSS最後の東西交流オフで予選決勝合わせて10-0決めたことあったのと
フレ戦数戦して無敗だったので優勝できる自信はかなりありました。


■対戦レポート(割とうろ覚えの適当です)

ぶんぶん ○
ドクロッグギラティナカイオーガメタグロス

みがわり残飯ギラティナが面倒でしたが最終的にディアルガの2段階ダウン流星群で影うち圏内に入れて勝ち
後発オーガグロスには絶対の相性の良さを誇ります。


ぜろはち ×
ドーブルゴウカザルディアルガレックウザ

猫だましとスカーフダクホで両方眠らされて全くペースを握れませんでした。
後発もヌケニンに打点を持っていて負け。


いのすけ ×
ドーブルパルキアバンギラスギラティナ

初手でドーブル落とすものの、次のターンルンパがあくう急所で落ちてしまい一気にトリル展開が厳しくなる。
トリル切れたあとバンギいない読みでディアルガヌケニンが瞑想ギラティナに集中しましたがバンギ出てきて負け。


コウ ○
ディアルガドーブルホウオウユキノオー

初手流星群をディアルガに耐えられて眠られるがトリル切れるころにオーガで巻き返して勝てた。


ジン ○
ルンパッパホウオウカイオーガバンギラス

ルンパオーガを先に倒してあとはオーガで一掃と思ったけどホウオウのみがわりが面倒。
ルンパの猫だまし+ディアルガの2か4段階ダウン流星でみがわり壊せたのでオーガ死にだしして勝ち。


マンダ ○
カイオーガゴウカザルメタグロスギラティナ

確かルンパオーガで制圧した。
グロスが爆発してきそうだったけど草結び+潮吹きで落とせました。


あきかげ ○
ルンパッパディアルガドーブル(Lv1)カビゴン

ミラーで笑ったけど相手はトリル展開だったようです。
初手で相手のディアルガを流星群で落とせたのでそのまま勝ち。


つばさ ○
トゲキッスグラードンホウオウドクロッグ

初手グラードンが雪崩撃ってきて完全にヌケニン読みやんけええええええええええええ
ドクロをディアルガで倒してからみがわりのないホウオウだったのでカイオーガで潮吹きして勝ち。
イトケホウオウだったようでしたが貫通してしまいました。


ビーン ○
トゲキッスカイオーガバンギラスパルキア

初手ルンパ守るディアルガ雷撃ったらキッスの急所に入る。
自分は雷で落とせると思ってたけど確定耐えだったようなのでルンパ守る完全にミスだった。
次のターンバンギが出てきたけどオーガ引っ込んでパルキア出てくるところに雷当てて麻痺+草結び入れて潮吹き圏内入って勝ち。
ビーンさんガン萎えしてた。


影 ×
グラードンワタッコホウオウルンパッパ

ワタッコに初手2体とも眠らされグラードンにディアルガが何もできずに落とされる。
そのあとみがわりホウオウで詰まされて負け。


7-3で1位通過したので決勝トーナメントに。


ぼる ○
パルキアユキノオーカイオーガメタグロス

初手ねこ流星でノオーを落としてしばらくしてヌケニン出したらぼる「詰んだアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」


ちびすけ ×
ディアルガドーブルパルキアドクロッグ


初手相手ディアルガの流星群でこちらのディアルガが落とされ一気に苦しくなる。
ディアルガの文字しかヌケニンへの打点がないようでしたがディアルガを削りきれず負け。
原監督の右上の顔にさせるところまではできてたようです。


というわけでベスト8でした。
ヌケニンの強さが広まっていただけたら幸いでございます。
非常に楽しかったので、またの開催を心待ちにしております。
ページトップ