FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンギグライ草案

8月の委員会オフ前から考えていたバンギグライです。
結局煮詰まらず完成してないですが、もうBW2で出るシングルオフの予定はないということで草案として記事にします。


バンギラス
岩雪崩噛み砕く冷凍ビーム火炎放射@気合のタスキ
グライオン
守るみがわり翼で打つバトンタッチ@毒毒球
ドータクン
サイコキネシスめざぱ炎トリックルーム大爆発@ノーマルジュエルとかオボンとか 浮遊
ローブシン
ドレインパンチマッハパンチ冷凍パンチ@命の珠 鉄のこぶし
ブルンゲル
潮吹きシャドーボールトリック波乗り@拘りメガネ 貯水
あと1体未定


バトンタッチグライオンが強そうと思ったのが構築のきっかけです。

バトンタッチを採用するにあたってぱっと思いつくメリット
・みがわりを貼ってパルシェンマンムーが交代から出てきても損な択にならない
・まもみがでぐだぐだしてると相手がみがわりを壊してこなくなることがあるので、有効活用できる
・PPが40あるのでグライオンミラー最強かもしれない

バトンタッチを採用するにあたってぱっと思いつくデメリット
・まもみがバトンタッチという構成だと、対ドリュウズキノガッサどちらかを諦めないといけない

上記のデメリットを解消するにはどちらかを誘わない構築にすることで達成できますが
メリットの1つであるPPの多さを生かすべく翼で打つを入れたいこともあり、対ドリュウズを周りで厚くすることにしました。


以下は残りの5匹のポケモンの採用理由解説


■バンギラス
採用理由は砂を撒くため
ウルガモスを止めたかったのでタンガかタスキが候補に挙がりましたが
できるだけバンギグライという選出を取りやすいよう汎用性のタスキにしました。
後述のドータクンのトリルの恩恵を受けやすいよう勇敢あたりにしましょう。


■ドータクン
パルシェンマンムーに対してみがわりバトン先はどうするのってのが課題になりますが
みがわりが壊れないよう氷柱針を1/4まで抑えるヒードランエンペルトを真っ先に考えました。
が、対マンムー、ドリュウズを誘えないことを考えると没。鋼で浮遊のこいつしかいないかなと思いました。
耐性はこれ以上ないバンギグライのお供になるポケモンですが、最大の課題は相手へ負担をかけれないことなので
どう負担をかけるか考えた結果トリックルームから後続に暴れてもらうことでとりあえず考えました。
ドータクン自身が決定力を持つ構成にするのも勿論ありだと思います。


■ローブシン
ドータクンのトリルと相性がよく、ドリュウズに滅法強いローブシン
技や持ち物は正直全然煮詰まってません。火力を上げたいとは思ってますが…


■ブルンゲル
スイクンなどの対水ポケモンを相手するポケモン。
グライオンにスイクンが出てきた場合はこいつにバトンしたい。
回復技のない水ジュエル等なら一方的に押せ、瞑想眠るにはトリックが刺さりますが
まもみが瞑想は辛いかもしれない。
電気が辛い構築なので交代に負担をかける意味合いでもメガネを採用している。


■ラスト枠
ここまで辛そうなのは相手の電気、グライオンか
グライオンはミラーのPP戦で勝つとは言ったが他が弱すぎるので不安が残る。
ウルガもバンギ任せなところがあるので辛いと言えば辛い。


草案ということで配分や採用理由など適当な解説になってますが
一応同じような並びでぺやんぐさんがシングル厨を予選抜けていたので
煮詰めれば強い構築にはなるかもしれません。
興味を持った方がいましたらご自身で構築してみたり、6匹目のいい案をコメントいただけると嬉しいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エンドーさん

Author:エンドーさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。